iPhone Express(旧)

iPhone/iPad の最新ニュース、おすすめアプリ、ケースなどのアクセサリー、レビューを紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 このエントリーをブックマーク

日本の App Store でのアプリ数が10,000本を突破

ITmedia が計測した数字として、App Store での登録アプリが1万を突破したと報じています
記事によると、12月8日10時30分時点で1万485本。
それに加え、米Appleが掲載した全面広告によると、ユーザーによるダウンロード総数は3億回を突破。

これはすごいですね。
ダウンロード数もすごいですが、携帯電話のアプリ市場でこれだけ大きなマーケットはないのではないでしょうか。

私もiPhone にする前は、ちょっとした安いゲーム等を2,3本ダウンロードするぐらいでした。
「十字キーだけでは操作しにくい」「自分の持っている機種が未対応」「月額料金が課金される」など、いろいろ購入しない理由はあったのですが、なんといっても、自分がお金を出して購入したにもかかわらず、機種変更するとアプリが移行できなかったり、使えなくなったりすることに大きな不満と疑問を持っていました。

しかし、iPhone にしてから購入アプリは有料無料関係なく一気に増えましたね。
アプリを選ぶのも一つの楽しみになりました。
しかもApp Store ではきれいに商品が陳列されており、ウインドウショッピングを楽しむ感覚で毎日眺めてしまいます。そして、気に入ったアプリがあればその場で即購入という便利さ。
iPhone というハードの売上、それに加えてアプリの売上でも月々の利益を得るという「仕組み」を考えたことが Apple のすごいとこというか抜け目ないところです。

iPhone 登場後、いろんなタッチパネル式のケータイがでてきましたが、結局タッチパネルの部分しか見ていないように感じます。
ハードだけをアピールしても、将来の機種変更時に同じメーカーのケータイを購入してくれるとは限りません。

タッチパネル操作はあくまでも Apple ビジネスモデルの一部であり、ハードをマネるのではなく、ワクワクするような新しい「仕組み」を端末メーカー、キャリアに期待したいですね。


 iTunes Store(Japan)


■関連サイト
ITmedia「iPhoneアプリ、1万本を超える」


 このエントリーをブックマーク
トラックバック
トラックバック URL
http://iphoneexpress.blog39.fc2.com/tb.php/492-518a4c3d
(FC2ブログユーザーはこちら)
トラックバック
Copyright © 2008 iPhone Express All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。