iPhone Express(旧)

iPhone/iPad の最新ニュース、おすすめアプリ、ケースなどのアクセサリー、レビューを紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 このエントリーをブックマーク

iPhoneのメモリリセット方法について

ITmediaの8月5日のソフトバンクの決算会見の記事で、孫社長がこんなことを言っていました。

「複数のアプリを立ち上げているとメモリを食ってブラウザが落ちることもあるが、そんな場合はホームボタンを長押しすればメモリをリセットでき、快適に使える」

ほほう、と思い試してみたがなんだか実感がない。
本当にリセットされているのだろうか、そもそも長押しって何秒押せばいいのだろうかと疑問を持ちました。

そうしたところ、8月28日のZDNet Japanの「iPhone 3Gの節電術」という記事に「6秒長押しすると、プロセスが終了することを確認できた」と書いてあります。
いままでホーム画面で、ホームボタンを長押ししてたので基本的にやり方が間違っていたらしい。
どうりで実感がないわけです。

記事を読むと、Safariのプロセスを終了させるためには、Safariの画面でホームボタンを6秒長押し。
やってみたら、一瞬画面がブラックアウトしホーム画面に戻りました。これでSafariの常駐プロセスが終了したっぽいです。
次に反応や文字入力が極端に遅いメモ帳を起動し文字入力してみました。
そうしたところ、メモリが解放されたせいか日本語入力がサクサクできました。

メモリリセットというより、常駐プログラムの終了ですが、おそらく孫社長はこのことを言ってたのではないしょうか。

proccesreset.jpg

Mac OSXも出た当時は遅くて使い物になりませんでしたが、ver.10.3ぐらいから快適になり便利な機能も増えました。
もしかしてiPhoneもOS Ver.4ぐらいでやっと快適な環境になるのでしょうか。
PCと違い24時間稼働しているものですから、とりあえず文字入力ぐらいは快適に使えるように早く改善して欲しいものです。
と、いろいろ不満もありますが、OS ver3のメジャーアップグレードでどのように進化するのか楽しみではあります。
これこそiPhoneを所有する醍醐味の一つですよね。


iPhoneグッズ満載!日本最大級のモバイルショップ Vis-a-Vis


 このエントリーをブックマーク
トラックバック
トラックバック URL
http://iphoneexpress.blog39.fc2.com/tb.php/232-a83c70c8
(FC2ブログユーザーはこちら)
トラックバック
Copyright © 2008 iPhone Express All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。